[ diary ]

Category:日々のこと

12月17日

web12-03

日曜日、おでんで呑もうねって約束していたためか

金曜あたりから脳内おでん祭りになってしまい

我慢ならずにおでんを作ってしまった土曜日。

しかも練り物も全て作るという力の入れよう。

ごぼう巻やウィンナー巻、コドモも喜ぶちくわぶまでも。

楽しく美味しくハッフハフ。

でもって 日曜日も約束通りのおでんと日本酒でハッフハフ。 な、ふたり忘年会。

美味しいお酒とおつまみと。友達と。

足りないのはいつも時間だけ。

終電ぎりぎり いつものお決まりパターンなのでした。

- COMMENT : (0)

12月9日

写真繋がりの14人で忘年会。

案の定、ついつい日本酒飲みすぎて記憶とぎれとぎれ。終電乗り過ごす。

いつもながらバラエティに富んだ楽しいメンバーだなと思う。

土曜のこと。

web12-02

睡眠時間2時間半程で起床時刻。

朝食とお弁当を作り次男を野球へと送り出す。

あくびまじりのいってらっしゃいと共に 再びベッドにもぐりこみ至福の二度寝。

これって、間違いなく冬のお楽しみのひとつだわ。

 

午後からは下北沢のショップ「NOISE」でお店番。

お店のシャッターを開け、掃除して、好きな音楽をかけて

お客さまを待つ日曜日の昼下がり。

web12-01

- COMMENT : (0)

12月4日

web10

熊谷さん、林さんの二人展 「Opening Act」を観て

素敵カフェの経年によって斜めになったテーブルでランチして、そのすぐ後に煙草もくもくな純喫茶に移動してパンケーキまでペロリと。

来年、一緒に煙草やめようか~とか、お互いに約束できないような約束事を口にはしたもののはっきりとした期限も決めずまたぷかり。

町田以外で待ち合わせするのは久しぶりだったトシさんと 昨日のこと。

web11

 

今日は朝一番から歯医者さん。

自覚症状の無かった奥歯の1本が予想以上に悪化していて、この1本に1ヵ月以上の治療をかけている。

痛かったら手を挙げて下さいね、とは言われるものの毎回タイミングをつかめず痛みをこらえてしまう。

終わった後に痛みを告げると 森さん、痛そうにしてるのわからないですよ。

我慢しなくていいのに。って。

今日の治療は歯茎までぐいぐいされ、いや、めくられ?なのかどうかさえもよくわからないくらいの痛み。

それもそのはず 歯茎の骨の欠片を取り出された。口内血だらけ。

感覚を麻痺させるのに麻酔1回では痛みが和らがず 今日は3回も注射したというのに

それでも痛みが激しく伝わってくる。

麻酔したのに痛みを我慢したのはいつもと一緒だわ。

全身に力を入れすぎてなんだかだるいの。

 

帰ってきてモノクロの現像。 この時期 温度調節が楽でよいよい。

青葉市子を静かに聴きながらスキャンもしていたらあっという間にこんな時間。

縮こまっていた背筋を伸ばしノビをしてみたら何だか突然狂ったように大声をだしたい気分になり椎名林檎の丸の内サディスティックを大音量で熱唱してみた。

もちろん巻舌も加えて。

 

さてと 夕飯の買い物行ってこよう。

- COMMENT : (0)

11月29日

web7

 

サイリウムヌードルなるものを食べた。

サイリウムとはオオバコの一種で植物から採れる食物繊維らしい。

サイリウム、サイリウム、サイリウム・・・

サイリウムという文字と言葉の響きがなんとなく宇宙チックで気に入ったので

何回も唱えていたらなんのことだかさっぱりわからなくなった。

サイリウム!

同じ言葉を何度も繰り返していると それがなんのことなのかわからなくなることが

私にはよくあるのです。

人の名前も同様で、憶えようと繰り返しているうちに それって誰だっけ?

となってしまうのだ。

わかるわかる~と共感してくれた人は未だに現れていませんが。

サイリウム!

 

今日は珈琲を飲みすぎた。

色々と煮詰まって 集中力も無くなって 脱線してばかり。

あぁ、お腹すいた。

昔ながらの喫茶店のナポリタンが無性に恋しい、そんな気分。

- COMMENT : (0)

11月28日

web4

最近、物欲に拍車がかかっている。

新しいコートが欲しいとか、それに合うブーツも欲しいよね、とか、そしたらそれに

合わせるバッグも外せないし・・・。

あれもこれもとキリが無い。誰か止めて。

それもこれも大好きな冬がやってきたせいにしておこう。

 

昨夜はつーとサシ飲み。

彼が宗教的に豚肉は食べられないんだよねって話しから私は豚肉派だわ、

いやいや牛肉派でしょ、なんていいながら焼き鳥頬張り鶏三昧。

なんでもいいんじゃん。

お酒を飲んでる時って時間の経過が異常に早い。

もう6時間も飲んでたわ、びっくり!なんてこともよくあるわけで

それが家の近くだったりすると 安心してついつい時間を忘れてしまいがち。

こんな時間まで話し込んじゃったねって日付が変更しているのは

いつものお決まりパターン。

 

帰り道、深夜3時に土砂降りの中笑って歩いた夜のことを想いだした。

 

- COMMENT : (0)

Copyright 2013 Yuko Mori. All Rights Reserved.